無限のファンタジア体験記
無限のファンタジアというRPGに関することを書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

海賊対策・修正版

カーネルにいる海賊たちへの尋問を行う。

海賊達の顔を見て、外洋船で立ち寄った村にいた人と似たような人がいないか観察します。

つづいて、お酒の「蒼の月」を海賊達へと振舞います。ただし、っ海賊達が酔いつぶれないように、監守に頼んで小さなグラスを用意してもらい、1人につきそのグラス一杯のみにします。海賊達の中に酒好きがいてもっと飲みたいと言ったときは、味わって飲むにはその量で舌を濡らすように飲むのが良いって、とある美人の女店主の方から聞いたと答え、誤魔化します。
それと同時進行で幸せの運び手未完成を使用して、さらに海賊達の気分を落ち着かせ、自分の質問に気持ちよく答えられるように勤めます。

その後、海賊達ヘ
「海賊王というのが気になって、調べてみたことがあるんだが、満足な話がないんだ。」
といい、調べ間違えた義賊ウィールグレイに関する資料の一部を読むことで、海賊達を笑わせ、彼らが話しやすい雰囲気をつくります。

続いて、自分は、
「故にウォールグレイについて知っていることを教えて欲しいな。特に後継者についてとか・・・・・そう、ウォールグレイ13世とイーストさんとの関係について。きっと人柄とかで彼らの下に入ったのなら、俺達冒険者より多くのことを知っていて当然だよな。」

と言い、ウォールグレイの、特にその後継者の背景について聞いてみようとします。

海賊達からの返答を聞いた後で、自分はお辞儀と感謝の意を述べます。
スポンサーサイト
【2005/11/08 19:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

レイチェル・カム
  • Author:レイチェル・カム
  • =========================
     この作品は、有限会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』用のイラストとして、(発注したお客様の名前)が作成を依頼したものです。
     イラストの使用権は(発注したお客様の名前)に、著作権は(イラストマスター名)に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
    =====================

  • RSS1.0
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。