無限のファンタジア体験記
無限のファンタジアというRPGに関することを書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

海賊対策

カーネルにいる海賊たちへの尋問を行う。

海賊達の顔を見て、外洋船で立ち寄った村にいた人と似たような人がいないか観察します。

その後、海賊達ヘ
「海賊王というのが気になって、調べてみたことがあるんだが、満足な話がないんだ。」
といい、調べ間違えた義賊ウィールグレイに関する資料の一部を読むことで、海賊達を笑わせ、彼らが話しやすい雰囲気をつくります。

続いて、自分は、
「故にウォールグレイについて知っていることを教えて欲しいな。特に後継者についてとか・・・・・そう、ウォールグレイ13世とイーストさんとの関係について。きっと人柄とかで彼らの下に入ったのなら、俺達冒険者より多くのことを知っていて当然だよな。」

と言い、ウォールグレイの、特にその後継者の背景について聞いてみようとします。

海賊達からの返答を聞いた後で、自分はお辞儀と感謝の意を述べるついでに、

「冒険者になると、二つの制約を守れさえすれば、古代遺跡にある宝石や装飾品類がたくさん手に入れられるぞ。もし罪を償い終えて自由になれたら同盟の冒険者にならないか。」

と冒険者になることの魅力を語りつつ、手持ちの宝石等を見せ、海賊達が転向するようにします。
この時、彼らがこの呼びかけに対して愚痴等反論をいうかもしれないので、それらを聞き逃さないように、彼らの動作と発言に注意します。その理由は、イースト達がいかにして海賊団を大規模にしたかの答がありそうなためです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

レイチェル・カム
  • Author:レイチェル・カム
  • =========================
     この作品は、有限会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』用のイラストとして、(発注したお客様の名前)が作成を依頼したものです。
     イラストの使用権は(発注したお客様の名前)に、著作権は(イラストマスター名)に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
    =====================

  • RSS1.0
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。