無限のファンタジア体験記
無限のファンタジアというRPGに関することを書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

ウェルダン

戦闘の主力の方々の補助に徹します。
ウェルダンの誘導を担当するB班で活動します。

1)誘導班としての活動

負傷を少なくするため、B班に参加する方々へ鎧聖降臨改をかけておきます。
投石による誘導を試みます。
ウェルダンが誘導されて動き出した場合、海岸線に沿って迎撃班がいる場所へ杜と進みながら石を投げて、ウェルダンを迎撃ポイントへと誘導します。
この時の誘導が失敗した、または標的との間の距離が長い場合は、土塊の下僕奥義を使って下僕を1体作り、事前に用意した小舟とオールに乗せて、ウェルダンがいる海上へ浮かせ、東の方角へと進ませます。この行為でウェルダンが外洋船から離れたら、再び下僕を作り、小舟に乗せ、海へと浮かべます。この時、小船は迎撃班よりに移動させるため、人形には迎撃班がいる場所へと進むように小船を動かせます。
スポンサーサイト

コメント

戦闘の主力の方々の補助に徹します。
ウェルダンの誘導を担当するB班で活動します。

1)誘導班としての活動

下僕用の小船4つはウェルダンがいる海岸と迎撃班の中間地点の海岸へ2つ、そして残り2つは背負ったり抱えておく。
負傷を少なくするため、B班に参加する方々へ鎧聖降臨改をかけておきます。
投石による誘導を試みます。
ウェルダンが誘導されて動き出した場合、海岸線に沿って迎撃班がいる場所へ杜と進みながら石を投げて、ウェルダンを迎撃ポイントへと誘導します。
この時の誘導が失敗した場合は、土塊の下僕奥義を使って下僕を1体作り、事前に用意した小舟とオールに乗せて、ウェルダンがいる海上へ浮かせ、東の方角へと進ませます。この行為でウェルダンが外洋船から離れたら、再び下僕を作り、小舟に乗せ、海へと浮かべます。この時、小船は迎撃班よりに移動させるため、人形には迎撃班がいる場所へと進むように小船を動かせます。
もし、下僕が小船を漕げない場合は投げ入れます。

2)攻撃時
竜巻で飛ばされないように、体重が軽そうなイチカ様やアカシック様、ルバルク様を中心に自分、そして丈夫そうな木へとロープで結んでおきます。
自分へと再度鎧聖降臨をかけ、鎧を重くしておきます。
攻撃目標が爆発や遠距離攻撃をした場合は術者に当たらないように彼らの前へと走りより、盾となります。


3)戦闘成功時
すぐに敵の残骸を回収するため、海中へと潜ります。
【2005/09/15 02:04】 URL | レイチェル(修正後) #JalddpaA[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

レイチェル・カム
  • Author:レイチェル・カム
  • =========================
     この作品は、有限会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』用のイラストとして、(発注したお客様の名前)が作成を依頼したものです。
     イラストの使用権は(発注したお客様の名前)に、著作権は(イラストマスター名)に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
    =====================

  • RSS1.0
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。