無限のファンタジア体験記
無限のファンタジアというRPGに関することを書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

ウォールグレイについて(突っ込み形式によるメモ)

 自分が知っていることとそのことから判断できることを、時間の流れに沿ってなんとなく載せてみました。
 簡単に言えばメモです。

 
 注意1:ウォールグレイについて、同盟側が知っていることで的確なまとめはバーレルGGなどで掲載中のはずなので、そちらで確認してください。


 注意2:アカリさんが「物語の初めが途切れている」と言ったとおり、ウォールグレイについて、同盟の人間には知らないことが多いです。末裔なんていたんカイ、というより名のある海賊は潰しておいたはず、なんて話が出たほどですから。それに交渉の札になりそうなもの、例えば過去にウォールグレイの統治(占領?)していただろう地域とかもわからないし(魔斧というのはあるけど未知数・・・・だし)・・・。というわけで、新事実や新たな事件が生じることで状況ががらっと変わることが予想できます。あまり信用しないでね。


 注意3:だからと言って護衛士シナリオへの参加者だけが必死になって考えている状況は、ちょっと辛い気がします(やれることが限られているのに別の参加者と一緒のことをプレイングに書いていた、と言うことがありましたので・・・・・orz)。なので護衛士依頼で海賊関連が出た時に、自分のこの記事を判断材料にされるとうれしいです。自分の意見への愚痴やら突っ込み、反論も大歓迎です。海賊依頼でお笑いな雰囲気を作るためにも・・・・



 「物語」のはじまり?

 ・海賊王国の王(末裔がヒトだったのでヒトの王国?真偽は不明)、ウォールグレイはバランの大渦を突破しようとしたが、沿岸の諸国がそれを好機とし、彼のグリモアを掌握、魔物となって大渦に消えたと言われる。【バランの大渦・サブシナリオでの説明より】


 末裔の登場


 ・外洋船サンダース号で7日ほど航海してたどり着きそうなあたりで海賊が暴れていた。島の住人が船を出すとそこから生活物資強奪したり、面白半分で攻撃したりとせこいことをしていた模様。【外洋船サンダース号の掲示板ログより】


 ・村を柵で囲むことによって出入りが困難になることを恐れ、村にいたスパイ(物資を海賊へと届ける係り?)は逃亡、逃亡した彼らや外洋船を見に行った海賊の1人(誰かは不明・・・イーストじゃないよね?)などによって海賊側は戦っても無駄と判断。首領・ウォールグレイ13世の首を差し出すことで村を襲わないことを示し西へと退却した。
【≪外洋船サンダース号≫ウォールグレイ13世より抜粋】


 末裔達の影


 後に末裔と(自称していることが?)ウエストがチキンレッグ領に侵入した。それと同じようにしてイッカクブレードの頭蓋骨で武装した船を用いて商船を襲撃(ノースが指揮?)がはじまる。ウエストは自身の色気を用いて船乗りを誘惑、それと同時に香気を用いて誘惑した人の判断力を削いでいった(肉球クリームはどれぐらいそがれたか判断するため?それとも別の薬品を作るため?)。【通常依頼である肉球クリーム、バランの怪物より抜粋】


 末裔達の表立った出現


 ウォールグレイの末裔と称する海賊によってフリーダムを占拠、ジル死去。凶報に続いて怪奇なことが。海賊から抜け出したというイーストが取引を持ちかけてきた。
 取引の内容は・・・・


    GG側:造船技術
 イースト側:海賊達の情報

  
 GG側はこれを怪しいと思い、交渉を不受理、イーストはこの返答に対して自暴自棄になったのか、交易用の船を強奪した。ただし、護衛士によって無事奪還、およびイーストの拘束が出来た。【≪百門の大商都バーレル≫ウォールグレイの末裔:イーストより抜粋】


 反撃?


 イースト拘束後、ノースが使っている(らしい?)船がバーレルの近海に出現した。と同時にウエストは誘惑した船乗りを用いてコーチンを拉致、イーストの解放を条件として出してきた。OPの状況から海賊有利の展開だった。前者の出現した船は、外洋船への監視の人員を減らすための罠だった。後者は取引は無事成功し、コーチンは解放されたが、イーストは逃亡を成功した。(ただし、香気の呪縛からの解放ができたと言う事実は重要だと思う)。【≪百門の大商都バーレル≫ウォールグレイの末裔:ノース、≪百門の大商都バーレル≫ウォールグレイの末裔:ウエストより抜粋】


 イースト再び


 外洋船のメンバーが戻った後、3隻の海賊船が北方セイレーン領へ逃亡する姿が報告(目的は不明)、末裔達の逃亡も考えられるため、護衛士が捕獲のため出動。怪物の頭を模した舳先のついた海賊船がネルヴァ号を抑える形で妨害、偽造船は逃がすものの、敵の戦力である1隻は沈没、残る1隻も海賊の拘束によってただ海に浮かぶ船となった(回収は出来なかったが)。【≪百門の大商都バーレル≫ウォールグレイの末裔:海賊船追討より抜粋】
 
 
 そしてイーストは北方セイレーンに拘束され、GGに保護を求めに来た。
スポンサーサイト

PROFILE

レイチェル・カム
  • Author:レイチェル・カム
  • =========================
     この作品は、有限会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』用のイラストとして、(発注したお客様の名前)が作成を依頼したものです。
     イラストの使用権は(発注したお客様の名前)に、著作権は(イラストマスター名)に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
    =====================

  • RSS1.0
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。