無限のファンタジア体験記
無限のファンタジアというRPGに関することを書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

イーストのことについて

 海賊団からの逃亡の可能性が浮かんできた。


 理由は今回の偽チキンレッグ船にチキンレッグが全く見当たらなかったと言う点。
 なんらかの形でチキンレッグの一般人を同船させ、その人を外交の責任者に仕立てていれば、捕まる可能性が減ったと思われる(商業を得意とするチキンレッグ王国ならば、外交の話でチキンレッグの行政官が出向かないのはおかしいのでは?行政は不得意とは思えないし)。
 協力者がいなかったとしても、誘拐なり脅迫を用いた方法もあるし・・・・下劣な話、護衛士が沈めた2隻の海賊船を利用する方法・・・具体的にはその2隻を海賊役として追われるフリをし、偽造船に乗っているほうは、海賊の攻撃で上官のチキンレッグは死亡したと偽ってチキンレッグの遺体を乗せておくとかも出来たはず。


 以上のことから、全くの想像だが、イーストは以下のように動いた可能性があるのでは・・・・と妄想してみます。


 何とか仲間の元へと戻ったイーストだが、何らかの理由で自分たちの本拠地から逃げ出す決意をする(何なのかはわからない・・・・ウエストが助け出した理由は情報の流出を抑えるためだけで、後で殺す予定だったとか?または仲間の間で地位が低下したため?)。


 ただし、単に逃げ出すのだと捕まってしまうか海の藻屑となるだけなので、適当に作戦を練ったのかもしれない。例えば北方セイレーン領に侵入してそこの海賊達を束ねるなどと言って。それによって3隻の船と部下を預かり出撃した・・・・。


まるっきしの妄想だけど・・・・これ以上の彼の行動の説明がどうしても自分には思いつかない(そもそもチキンレッグ王国への侵入が出来、かつ王の暗殺まで計画できた連中だから・・・・)。


よって、こちらが積極的に司法取引を持ちかけずとも、彼の保護と言う取引のカードがあるので、フライド王に無理な負担をかけなくても良いのでは・・・・と俺は思う。 
スポンサーサイト

海賊対策

カーネルにいる海賊たちへの尋問を行う。

海賊達の顔を見て、外洋船で立ち寄った村にいた人と似たような人がいないか観察します。

その後、海賊達ヘ
「海賊王というのが気になって、調べてみたことがあるんだが、満足な話がないんだ。」
といい、調べ間違えた義賊ウィールグレイに関する資料の一部を読むことで、海賊達を笑わせ、彼らが話しやすい雰囲気をつくります。

続いて、自分は、
「故にウォールグレイについて知っていることを教えて欲しいな。特に後継者についてとか・・・・・そう、ウォールグレイ13世とイーストさんとの関係について。きっと人柄とかで彼らの下に入ったのなら、俺達冒険者より多くのことを知っていて当然だよな。」

と言い、ウォールグレイの、特にその後継者の背景について聞いてみようとします。

海賊達からの返答を聞いた後で、自分はお辞儀と感謝の意を述べるついでに、

「冒険者になると、二つの制約を守れさえすれば、古代遺跡にある宝石や装飾品類がたくさん手に入れられるぞ。もし罪を償い終えて自由になれたら同盟の冒険者にならないか。」

と冒険者になることの魅力を語りつつ、手持ちの宝石等を見せ、海賊達が転向するようにします。
この時、彼らがこの呼びかけに対して愚痴等反論をいうかもしれないので、それらを聞き逃さないように、彼らの動作と発言に注意します。その理由は、イースト達がいかにして海賊団を大規模にしたかの答がありそうなためです。

宝石泥棒・解決編

・目的及び絶対に成功させること
魔物を確実に退治すること。
・心構え
報酬は不要、店や物品の破損は出来るだけ弁償する。
一般人を負傷させない。


敵が来る前の準備。
戦闘時に一般人が店の周囲に来ないように警告の知らせを行います。
10枚に切断されたロール紙に立ち入り禁止と書き、店の周囲に貼り付けます。
また、店主に警告用の紙を10枚ほど用意させ、それらも店の周りに貼ります。
店内に置くものは軽くて小さめの高価な宝石類とそれをおく展示ケース以外は戦闘による破損を防ぐため、別の場所へと移動させます。この時、店主におき場所に良い所がないか聞きます。



・夜間
控え室で待機。スーツアーマーの鋼の靴は脱いでおき、エストックの先で足を刺します。このときの痛みで標的がきたときに送られるであろう眠りの風による睡眠を少しでも防ぐためです。
それと同時に、魔物の侵入時の音が聞こえないか注意をします。
天窓班がホーリーライトで天窓をあたりを照らすことで敵の出口を塞いだという合図がでたら、敵の前へと素早く進み、ホーリースマッシュ奥義で魔物へ攻撃します。


仲間が眠っていた場合
毒消しの風を使用して眠りから目覚めさせます。ただし、魔物が自分たちの仲間によって束縛状態になっているときは、万が一にも毒消しの風が魔物にかかって束縛が溶けるかもしれないので毒消しの風を送るのをやめます。このとき、攻撃可能な距離なら魔物へホーリースマッシュ奥義で攻撃します。

ちょいっと毒を・・・・

己の判断ミスでヒナイの就任失敗。
MS側の都合があるから何度も依頼でヒナイの場所へ行くことは出来ないだろうし・・・・。GG内の掲示板での行動なら就任への誘導は早くできそうだが、それ以前に何度も行って大丈夫だろうか。
でも、三国志では諸葛孔明を勧誘するときに何度も訪問した、という逸話があったから、有効な可能性があるし・・・・
失敗の要因はMS様が説明してくださるとありがたい。





続きを読む

グドンと苦行鍋

準備
必要な道具を揃えるためにまず村へ行き、グドンのおびき寄せようとして果物と肉を少しもらいます。
次に村の周囲で薪になる枯れ枝を多めに拾います。

レイチェルの行動
ほかの冒険者の指示を優先しますが、特に指示がなければ以下のように動きます。
グドンが怪しい儀式をしていようが、理性的なものではないだろうから、洞窟から大体100m付近、または警備のグドンに発見されない程度の距離に食べ物を置きます。
この時、集めた枯れ枝で焚き火をし、その周囲に串に挿さされた肉を立てておきます。肉と火の距離は肉がゆっくり焼ける程度の距離です。これは焼けるときの臭いによってグドンを引き寄せるためです。

おびき寄せによってグドンが集まったら、グドンを数えます。数えることが出来、かつ数が30匹程度集まっていたらその場で暗黒縛鎖奥義を発動し、敵の動きを封じます。20匹未満、または数えられなかった場合は味方が眠りの歌で罠で集められたグドンを眠らせたのち、彼らを自分の手で始末します。始末の仕方はバイクを用いてグドンの首を刺し、即死させます。

おびき寄せ完了、またはおびき寄せが失敗したとき、洞窟へ足音を立てずに近寄り、グドンがいた場合は暗黒縛鎖奥義で彼らの動きを封じます。

退治が終了したら、鍋の運搬を行います。

鍋対策
日々の鍛錬が外側だけじゃない証拠として、村で一番大きい皿を借り、それからあふれるほどに鍋の具を入れて一気に飲み干します。

PROFILE

レイチェル・カム
  • Author:レイチェル・カム
  • =========================
     この作品は、有限会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』用のイラストとして、(発注したお客様の名前)が作成を依頼したものです。
     イラストの使用権は(発注したお客様の名前)に、著作権は(イラストマスター名)に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
    =====================

  • RSS1.0
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。